芸能・アイドル

2011年2月 5日 (土)

都知事選に意欲にじます=都政の課題に踏み込む―東国原氏

都知事選に意欲にじます=都政の課題に踏み込む―東国原氏

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110203-00000154-jij-pol

さあ 都民の民度は いかばかりか・・・。

大混乱の宮崎を一期でほっぽり出して、

しかもさしたる実績もあげていませんがな。pig

どうみても 単なる 名声欲の塊だけの 人物に思いますが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

liv tyler

http://www.lovelylivtyler.com/

リブ・タイラー

昔から彼女のファンなんですが、最近映画出演が少ないのが残念です。

http://www.lovelylivtyler.com/gallery/

ギャラリーサイトに子供の頃の写真や、お母さん、お父さんの写真も掲載されています。

お母さんはスーパーモデルだけあって、美人ですねえ、

http://www.bebebuell.org/

お父さんですが、養父はトッド・ラングレン

リブ自信は、最初の頃はミック・ジャガーが実の父だと思っていたらしいんですけど、

スティーブンにあったときに、彼が父親だと確信したそうです。

しっかし 母親は なんもいわんかったのかなあ?

ミックもスティーブンも、口元に特徴がありまして、

リブは父親譲りの特徴のある口元をしています。

目鼻はお母さん似かな?

小生 知的な美人に弱いんですよ 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

松木里菜

https://www.zurich.co.jp/direct/auto/about/index.html
http://image.blog.livedoor.jp/doubledribble/imgs/1/7/172d4d11.jpg

保険会社のCMに出てくる女性、美人ですねえ。
男性保険加入者、相当増えたんじゃないかなあ。

松木里菜さん と いうそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%A8%E9%87%8C%E8%8F%9C

http://videosearch.livedoor.com/video_player/0/8dca4b952a30f42a2a65a755ab7bff838bc48f9c9d88f6799cfc1b29e153dcce8788304681b144779d659eb8ac472d5b?q=%e6%9d%be%e6%9c%a8%e9%87%8c%e8%8f%9c&start=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

2008年10月20日 月曜日 市川團十郎

7月末に妹さんから二座不一致で幹細胞移植をした団十郎さんが、3ヶ月で退院し、今下旬には小唄の会に出席とのことです。
11月には講演も予定しているとか。
まことに喜ばしいことです。
と同時に正直、驚いています。
骨髄移植医療従事者や、移植経験者ならびにそのご家族であれば、よくお分かりになると思いますけど、62歳で移植をして、この回復スピードは、まさに驚異です。
おそらく年齢的に前処置負担の軽いミニ移植だとおもわれますが、それにしても驚きです。
よほど経過が良好でGVHDも軽かったものとおもわれます。
それともともと体力もあったんでしょうねえ。
化学療法、自家移植、そして今回の幹細胞移植(骨髄移植)とまあ、フルコースだったわけで、いや本当、タフネスの一言につきます。

ぼくも がんばらなくちゃです

ブログランキングに参加しました。
「クリックしてもいいよ」という方は、投票お願いいたします

Banner22_2 人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

2008年8月1日金曜日 ひきつづき夏ばてです

10時起床→軽食→電話応対→ベットでいろいろ執筆作業→仮眠→夕食→執筆→テレビ(阿久悠ものがたり)→?

スター誕生
この番組からですか 歌謡界が学芸会みたいになったのは。
まさにアイドル(偶像)だなあ。

いまはいろんなジャンルがあるんだろうな。
私は昔から邦楽はあまり聞かないので、よく分かりません。
これまで聞いてきたのは、1960~70年代のロックと古いブルースとクラシックです。
そういえば最近、聴くのも弾くのもとんとご無沙汰です。

ビジュアル品質管理の基本<第2版>
内田治 著
日本経済新聞

の続きです。

前回中途半端なとこで終わってしまいましたので、つづきも中途半端から始まります。

6 事実による管理
事実で語る=データで語る
現地現物主義(現場、現物、現実)

データの種類
【改善のために使うデータ】
・現状把握:現状を表すデータ
・原因追及:問題の原因追及に役立つデータ
・対策決定:対策案を評価するためのデータ??

【保証のために使うデータ】
・検査の記録:品質検査データ
・工程の記録:製造記録

【管理のために使うデータ】
・管理状態の把握:品質のばらつき具合を表すデータ
・製造条件の把握:製造条件のばらつきを表すデータ

”品質管理のポイントは、条件設定と条件管理である by SR”

7 層別
データから問題点を発見するための重要なテクニック。
たとえば製品不良を、製造機械別、製造ロット別、原料ロット別に層別すると、不良原因が発見しやすくなる。

8 QCサークル
同じ職場で班ごとに少人数グループを作り、様々な改善活動を行う活動:QCサークル活動。TQCにおけるボトムアップ活動。

QCサークルとは、第一線の職場で、品質管理活動を、継続的に行う小集団活動である。

QCサークルの特徴
1)全員参加
2)自主的運営
3)QC手法の活用
4)活動を通じてスキルアップを図る

やりがいのある創造性豊かな職場作り

9 方針管理
ISO9001書籍やTPM書籍、TQC書籍などに詳しく説明されていますので、ご参照下さい。

10 日常管理
方針管理に基づき、各部署で日々定常的に行う管理です。
作業標準や業務手順に基づき行われます。

11 機能別管理
品質管理、原価管理、生産管理などは、企画、製造、営業、資材、経理などにまたがっています。この各部門にまたがる横断的管理活動を行うシステムが、機能別管理です。通常機能別に委員会やプロジェクトが設置されます。

12 管理項目
ここはSRの場合ちょっとこの本とは異なります。

管理項目とは、満足の行く品質を作り込むために管理を必要とする項目です。
たとえば、原料配合比、反応温度、反応時間、触媒添加量などです。

品質規格を満たすためには、なにとなにを管理する必要があるのか、
管理条件はどのくらいに設定しているか。(たとえば反応温度120~135℃。)
設定条件がちゃんと維持管理されているかどうか? (このばあい温度記録。)

13 QCの診断
品質管理活動のチェック

内部チェック(品質管理部門によるチェック)
会部チェック(外部団体による審査、チェック)

以降続きます。

ブログランキングに参加しました。
「クリックしてもいいよ」という方は、投票お願いいたします

Banner22_2 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月29日 (土)

2007年12月28~29日 金~土曜日 師走のある日の記録

2007年12月28日 金曜日
11時起床→食事→準備→外出→本屋さん→顧客訪問→打ち合わせ(つかれた~)→ファミレス→帰宅→雑用→夕食→依頼ウェブ修正→お風呂→就寝

2007年12月29日 土曜日
10時起床→食事→読書→外出→スーパー→高速→お店訪問打ち合わせ→別のお店訪問ご挨拶→帰宅→食事→仮眠→雑用雑談雑念→お正月英文→ブログ→スカイプ中

は~今年もあとわずかですねえ。
昨日今日と ばたばたで 疲れちゃいました。
今度のお正月はのんびり お正月 のつもりです。
確か去年の今頃は大変だったなあ。おもいだしたぞ~。

1.芸能ねた
松たか子さん 入籍かあ 少しショックかな? あはは・・・ 彼女もはや30才。蔵でのデビューの頃が懐かしいなあ。烈でしたっけ?
結婚・入籍話もあれば、ココリコ遠藤くんちあきさん、新庄さんは離婚です。

平成の不倫男 石田氏 は 元かの と復縁とか・・・

まあ個人的見解ですけど、50過ぎて独り身ってのも、かなり寂しいのではないかと。。。想像してみたりもします。

2.Benazir Bhutto
ブット氏暗殺は、やはりとの思いはありましたが、それでもショックです。帰国後一度目の暗殺では、一命を取り留めましたが、二度目で落命しました。これでは殺されに帰国したようなものです。
最新ニュースではアルカイダの名前が出ています。パキスタンの政治情勢は相当複雑のようですけど、暗殺は問題解決の方法ではありません。
暗殺覚悟で本国に戻り、政治活動を行ったブット氏に深く敬意を表します。合掌。

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

2007年10月8日 月曜日 アラン・ドロン  

12時起床→コーヒー→食事→読書(藤沢周平;日暮れ竹岸 他)→勉強→画像処理→英作→テレビ(ビストロスマップ)→ウェブ作成4season→ブログ→??

アラン・ドロン
スマップの料理番組にでるってんで、ちょと見ました。
うわ~ 老けましたなあ あったりまえか 72歳ですよ。
もう何十年も見てなかったんで、時の経ったのを思い知らされました。
映画は引退して、いまは舞台に時々出ているようです。
たしか近年パリの舞台でミレイユ・ダルク(これも懐かしい)とマディソン郡の橋の上でに出てたような・・・
彼は1960~1980年代に主に活躍したフランス俳優で、日本で特に人気がありました。
彼の代表作は、最初の主演作 ”太陽がいっぱい”でしょうねえ。
その後も数々主演してるんですけど、人気の割に作品のできばえはいまいちかなあ?
本国ではジャン・ポール・ベルモンドの方がはるかに人気があったそうです。
ハリウッドに進出したけどぱっとしなかったように覚えてます(黄色いロールスロイス?)。
事業に手を出して失敗したり、なんか刑事事件にひっかかったり、いろいろあったような記憶があります。
日本では洋服のCMにでてましたなあ。
いまでも彼のブランドの香水(サムライってったかな?)があったと思います。
フランスの彼をよく知っているという人に聞いたことがあるけど、孤独が好きでかなりの変人だと言ってました。その当時はほとんどスイスに住んでいるって言ってたけど、いまはどうなんかな?
っま お元気で 懐かしかった。
私の記憶にある彼の映画は、ええと太陽がいっぱい、冒険者たち、サムライ、仁義、さらば友よ、ん~後はタイトルが出てこないなあ・・・。

弁護士ら相次ぎ不明…中国、党大会控え締め付け強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000938-san-int
オリンピックよりも他にすることあるんじゃないですかね?
中国もだけど、ロシヤはもっと胡散臭いなあ。
この2大国、テロよりも不安ですなあ。

| | コメント (0)

2007年6月12日 (火)

2007年6月12日 火曜日  

10時起床→電話&hpクリーンアップ→食事→PCで所用&電話→ガスト;物理&PERL&打ち合わせ→ホームセンター(空気入れ購入650円!!)→休憩→作業(修正と工程作成)→夕食→ピアノ→作業の続き→ちょこっとだけアコギ→ブログ→??

特価で空気入れ買いましたけど、すぐに壊れそうやなあ。

パリス・ヒルトン
ハチャメチャ私生活で人気沸騰中の彼女。話題づくりには事欠きません。
いやそんなことはどうでもいいんですけど・・・
私の素朴な疑問は、彼女どうみても美人に見えないんですけど・・・
わたしこういうことがしばしばあります。
どうも他の人と 感覚がずれているみたいですね^^;

東京四日目その18 TDL
お城の中Dsc04587sです。ガラス細工の実演販売してました。冬はいいけど、夏は暑いでしょうね。
Map10_2 

Dsc04590s

Dsc04588s 

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

2006年12月20日 水曜日 (退職34日目)

8時半起床
電話で問い合わせとかいろいろ。
調べ物
ちょっと遠出して知らないお店でランチ
散歩
ファミレスでケーキと紅茶のみながら、お勉強。
奥のすみっこで勉強してたら、女性4人組のお客さんがとなりにきて、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・がらがらなのに なんでちかくにくるんだよ~ 嵐のようだ 4人一度にしゃべるなよなあ・・・ってことで席を移動しました。
お席での携帯はご遠慮下さいって館内放送が流れるんですけど・・・携帯の方が未だましだわ^^; っとおもった18日の午後でした。

帰宅後、あちこち電話。

ネットからの抜粋です。

急性リンパ球性白血病のため闘病を続けていたお笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸さんが20日午前11時46分、死去した。35歳だった。

骨髄移植してたんですね。知らなかった。
彼の発病は移植直前にニュースで知りました。その後本田美奈子.さんと続きましね。二人とも亡くなっちゃった。。。合掌

| | コメント (0)

2006年2月 4日 (土)

2006年2月4日 土曜日

11時起床→コーヒー→朝食→化工計算問題集(圧縮)&ブログ原稿書き→ストレッチ→ブログ更新→問題集続き(ピトー&オリフィス)→休憩→夕食→ピアノ(インベンション、練習曲、マズルカなど)→ブログ更新→予定(単位操作;分級→入浴→読書→就寝??時)

きょうもなかなか忙しい1日です。体はほとんど使ってないのですけど・・・頭のリハビリですか?!

【吉井怜さんの本】
昨日の中堀由希子さんの本もそうですが、この本も移植前に購入して読んだ本の一つです。当時はできるだけいろいろな情報が欲しかったので、専門情報だけでなくて、患者さんのHPや執筆した本なども読みました。

感情の起伏や精神的、肉体的苦痛は、患者さんでないと分かりませんものね。いろいろ読んで知識としては吸収したのですが、いざ実際に体験すると予想以上の苦痛でした(当たり前ですけど^^;)。

苦痛を乗り越えるためには、支えが必要です。私の場合、支えはさんとロザリオ。無菌室以外では、苦しくなるとロザリオの数珠一つ一つを繰りながら祈りました。不思議なことなんですけど、少し痛みが和らぐようながしました。

この吉井怜さんの本は、私も読んだんですけど、奥さんが繰り返し読んでました。奥さんの骨髄移植に関する知識は、移植前はこの本から得たものがかなりをめていたように思います。

れいちん殿、夫婦共々お世話になりました。

れいちんのブログアドレスです↓

http://yoshiirei.cocolog-nifty.com/blog/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)