書籍・雑誌

2011年3月20日 (日)

日本の運命

日本の運命

一応最後まで読みました。

参考になるところもありましたが、どうにも執筆動機が胡散臭い。

銭儲けの臭いがぷんぷんします 爆。

HPを覗いたら、益々胡散臭い w。

http://www.dainikaientai.co.jp/index.html

老人の方はくれぐれもご注意を。

↓こんなんありました

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423208924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

ドロボー公務員 (ベスト新書) [新書]

ドロボー公務員 (ベスト新書) [新書]

書籍タイトルに拍手喝采です。爆

↓こちらアマゾン購入サイトです。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%BC%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%8B%A5%E6%9E%97-%E4%BA%9C%E7%B4%80/dp/4584123179

内容(「BOOK」データベースより)

公務員改革が進まない。税金のムダ遣いと天下り根絶を掲げて政権をとった民主党は、いまや官僚の言いなりに堕してしまった。国民に奉仕しようなどと考える公務員は少ない。多くの公務員は自分たちの既得権を守ることしか頭にない。国家財政が破綻しそうでも、税金を上げればいいとしか考えていない。そうして、勝ち取った予算は使い切る、お手盛りの手当てをつくる、天下り先を確保する。天下りが制限されれば、「現役出向」と呼び変える。事業仕分けは、ただのパフォーマンス。だって、「廃止」の判定に効力はなく、ほとんど実現しないのだから。現代は、公務員が国民を搾取する時代である。手を打たなければ、公務員により国が滅びる時代なのである。
面白いのは、アマゾンのカスタマーレビュー
Amazon

☆5つが5人、☆4つが1人、☆1つが4人と極端に評価が分かれています。

各コメントを読めば分かるのですが、☆1つのレビューを書いたのは公務員の人たちです。

Scan10631 Scan10632 Scan10633 Scan10634

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

SONY Reader PRS-650. その2

今日は顧客先でコンサルティング。

足腰が疲れてしまいました。

しかしもう、春まぢか もうそこまで来ています。

とりあえず生きていることに感謝しつつ 桜をみて、バイクに乗ろう cherryblossom

んで昨日の続き

SONY Reader PRS-650

続きってほどのことでもないんですが、

自炊pdfファイルが重いので、SONY Reader用に軽くしようと思ったんですが、アクロバットリーダーの機能で半分以下のサイズにしようとすると、画像が見づらくなってしまいます。

SONY Reader用に最適化するには、ChainLP39b9っていう無料ソフトがあります。

ただ・・・結合pdfは読み込めないので、結合前のpdfで変換処理する必要があります。

たしかにきれいにはなるんですが、いかんせん めんどくさい。

読めるから、今のままで まあいっかあ ってとこです。

あと、SDやソニーのメモリー挿入口があるんですけど、マニュアルに使い方が載っていません。ウェブのQ&Aを見ても、よく分からない。

多分自動認識するんだろうけど、メモリーへどうやってpdfを落とすんだろう。

普通にコピーでいいのかなあ??

よくわかんないので、サポセンにメールしました。

sonyさん、この商品をあまり積極的にPRしていないようなんですが、

売れそうにないからなのか?

はたまた

あまり売りたくないのか??

sony storeには、書籍の品揃えがほとんど無いようですし、

なんだか後ろ向きの販売のような気がするんですが。

購入する人は、自炊pdfを読む人が殆どでしょうから、ニーズはあると思うんですが。

出版業界への遠慮ですかねえ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

SONY Reader PRS-650.

本日やっと入手しました。< SONY Reader PRS-650.

Prs650_b1

画面サイズは6インチです。 それと、ライト付きブックカバー Prsacl651

早速、USBを使って充電。フル充電まで3時間です。

PCにソニーウェブサイトからソフト eBook Transfer for Reader をDLします。

このソフトを使って、充電中にPCからSONY Readerにpdfファイルをコピーしました。

以上の使い方は至って簡単です。

Reader本体の容量は、1400MBです。

スキャンPDFはファイル容量が1冊 10MBくらいあります。

Readerでは、これほどの解像度は必要なく、多分 数MBでOK何でしょうけど、圧縮するのがめんどいので、今回はこのままコピーしました。

充電が完了して、早速Readerを表示してみました。

案の定、新書サイズまでですね。

PRS-350(5インチ)だと文庫本しか読めないでしょうねえ。

鮮明さですが、モノクロ画像なので、モノクロスキャンした書籍は、割と鮮明なんですが、カラースキャンpdfファイルは、かなり見にくいです。

まあ新書サイズでしたら、読めないことはありません。

ページをめくる速度が少し遅いような気がしますが、ファイル容量が大きいせいかなあ??

次はpdfを縮小して入れてみましょう

( 最初から数冊、文庫本が入っていますが、さくとさくとページがめくれます。

やっぱファイルサイズのせいですね )

以上、あるていど予想してたので、まあ こんなもんでしょ。

大きいサイズの書籍pdfや、解像度が必要な場合は、PCやiPadで読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

自炊代行業者

自分で自炊して、いまんとこ150冊ほどPDF化しましたが、

ここんとこ忙しくなってきまして、

自炊代行業者に依頼しようかと、いろいろと調査中です。

価格は、安いんで特に注文はないんですが、

一つ気になるのは、ページの脱落。

どの業者さんも、5%程度までの脱落は、ご了承下さいって記載があります。

100ページで5ページ脱落すると、これは困ります。

安いからチェックはしないんでしょうなあ・・・。

処理後の書籍を着払いで返却してもらい、脱落ページに備えるしかないかなあ?

さて、もうすこし調べてみましょう。

所有している本の冊数は、正確には数えてないんですけど、

多分二千冊くらいあるんでは?と思います。

殆ど仕事関係の書籍なんですが、

紙の本で管理できる限界にきています。

pdfにして、フォルダ管理、検索などが出来るようにします。

pdfデータは、NASSおよびそれのバックアップHDD二台、さらに別のHDD二台に重複して保管しているんで、とりあえずは大丈夫かと。

閲覧は、各種PC、iPad、もうすぐsony readerも入手します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

ココダの約束

高知新聞に連載中なので、ネットで検索したんですが、あまり情報がありません。

「ココダの約束」

↓アマゾンでの本の紹介です。

友との約束を果たすため、財産も家族も投げ打って、南海のジャングルに戦友の遺骨を探し続けた西村幸吉の魂の記録。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%80%E3%81%AE%E7%B4%84%E6%9D%9F-%E9%81%BA%E9%AA%A8%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E3%81%AB%E7%94%9F%E6%B6%AF%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%9F%E7%94%B7-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA-%E3%83%8F%E3%83%9A%E3%83%AB/dp/4270005181

あとは、いくつか

http://heidi19420.blogspot.com/2008/04/blog-post.html

http://www.tkd-randomhouse.co.jp/books/details.php?id=813

http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-1785.html

http://ikotu.org/old/papua/papua3-11.html

http://neto.blog10.fc2.com/blog-entry-4854.html

著者がオーストラリア人・・・

なんともやりきれんですなあ。

戦後の日本人は、ちゃんと太平洋戦争に向き合わなかった。

明治維新以降から、日清戦争、韓国・台湾(ん~なんていうんだろ?)、日露戦争、満州事変、太平洋戦争、敗戦、戦後復興

戦後の日本人は、この辺の歴史に目をつむってしまいました。

いまからでもちゃんと向き合うべきじゃないかと思います。

今の人は、昔のことで自分とは関係ないと思っていますが、これらの過去を踏まえて現在があります。悪いことも良いことも含めて、無関係ではあり得ないかと。

いまの凋落と無関係では無いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

ハーバード白熱教室 上 講義録

先回 これからの「正義」の話をしよう にすこしケチをつけたんですが、

昨日  ハーバート白熱教室 上下 講義録 を買ってきて、いま読んでるところです。

立ち読みでだいたいの所は読んでしまったんですけど、他にも立ち読みを随分してるんで、悪いかなと思い、購入しました。

レジに持って行ったら、レジ横に 高知美少女図鑑? だっけ

http://www.bishoujo-zukan.jp/kochi/

ご自由にどうぞって書いてあるんで、横目で眺めてたら、

レジの若い女の子に 「お一つどうぞ」 って言われまして、

年甲斐もなく、一ついただきました。

虚をつかれドギマギしていると、

かわいい店員さんから

「いくつになっても 興味のあることは いいことです」

っていわれちゃいました ( ̄○ ̄;)!

完璧な おじさんの負けです ええ。

ツタヤって 社内教育で、ロールプレイング やってると思います。

ちがいます??

っと話が脱線。

ハーバード白熱教室を買った理由は、

日頃の立ち読みの謝意と

んじゃなくて、

自分の正義や善悪判断が、著者とどう違うのか、興味があったからです。

いうなれば、

ハーバードの有名な?哲学教授と

日本の片田舎の おっさん(SR) と

どの程度、思考回路が違うのか、結果が違うのか・・・

哲学的な難しい言葉はおいといて、いまんとこ、

さほどの違いはないように思います。

ってことは、正義、善悪の基準は、ある程度 普遍性 があるのだと、思います。

どうなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

これからの「正義」の話をしよう

もうすぐ読み終えます。

私も仕事柄、論理を重要視しますが、

ここまで理屈っぽいと、少し疲れます。

民族、言語、宗教などを異にする人間の間では、こういった思考が必要なんでしょうなあ。

著者マイケル・サンデルの言わんとすることは、小生も賛同です。

ただ、小生の場合、思考はしません。

DO NOT THINK !

FEEL !!

って感じですかね。

ディベートの重要性は、十分認識しているつもりですが、

正義や善悪の判断に、論理思考ってのは、ちょっと違和感有りです。

体験、見聞の後、

自然に心で感じるものではないかと・・・。

小生 哲学者には向いてないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

老いの才覚

老いの才覚 曽野綾子

http://www.amazon.co.jp/%E8%80%81%E3%81%84%E3%81%AE%E6%89%8D%E8%A6%9A-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9B%BD%E9%87%8E-%E7%B6%BE%E5%AD%90/dp/4584122954/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1289710450&sr=1-1

強い個性の持ち主です。

立ち読みですまそうかと思ったんですが、気に入った箇所があったので、購入しました。

一部ご紹介を、

p104より

「備えあって憂いあり 一文無しになったら野垂れ死にを覚悟する」

のたれ‐じに【野垂れ死に】

[名](スル)《「のたれ」は「のたる」の連用形から。「野垂れ」は当て字》道ばたなどに倒れて看護もされずそのまま死ぬこと。行き倒れ。また、それに似たみじめな死に方。「たとえ―しようと援助は受けない」

餓死する覚悟があれば、怖いものなしですねえ。

餓死した体験は残念ながらありませんが、3~4日ほど絶食させられた経験はあります。

空腹感でたまらないんですが、多分途中から空腹感もなくなると思います。

そこを超えれば、多分苦しみから解放されると思います。

あくまで想像ですが・・・。

p106より

「老人の良さは、たとえどんなひどい目に遭っても、それほど長生きしなくてすも ということです」

ん~ なるほど、さすが曽野綾子。

「所詮 この世は 生き地獄」

ですね。

余談ですが、小生、昔は

三浦綾子と曽野綾子の区別がつきませんでした。

曽野さんの旦那さんが三浦朱門だから、余計にこんがらかって、

おまけに二人ともクリスチャンです。

前者は新教で、後者はカトリックです。

三浦綾子作品で印象にあるのは、塩狩峠、道ありきなど。

このひとも強烈な女性でしたねえ。

たしか記念館があったはず。。。

あったあった

http://www.hyouten.com/

ご主人はご健在かな??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月15日 (水)

西原理恵子 2010年9月15日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8E%9F%E7%90%86%E6%81%B5%E5%AD%90

最近 地元高知のカルポートで個展?を開いていたので、誰だろと思ってネットで調べてみたら・・・。

すごい・・・
高知の女はすごいなあ・・・

ついでといっちゃなんですけど、つい最近完全無罪を勝ち取った元厚労相局長も高知出身です。
ちなみに彼女、高校の同級生です。
この前 高校のアルバム見て、ぶったまげてしまいました。
ついでにアルバムの自分の写真見て、おなじくぶったまげてしまいました。
思えば遠くへ来たもんだ・・・。

ええと すごくふるいのでは、宮尾登美子も高知出身で有名ですね。

この3人の女性、年代こそ違いますが、共通点は、
高知の女はすごい・・・。

の見本みたいなもんです。

なんで高知の女性が強いかと言えば、
高知の男性が、だらしない からです。

同級生の彼女の旦那さんは大変立派な方ですが、

西原女史と宮尾女史は、父親や旦那には相当苦労したようです。

この二人の共通点は、男運の無さと、あと
高知を見限って都会に出て行ったこと。
都会へ出て行って、大変な苦労をしたことなどです。

まあこの二人に限ったことではなくて、男女を問わず、高知は貧困県で生活が苦しいので、県外に出て行く人は多いですけど。

っと 話が脱線しましたが、

私は、ここ数年、仕事以外の本は全く読まないんですけど、
西原女史の漫画?が角川から出版されていたので、昨日1冊買って読んでることです。

タイトルは、
できるかなV3

まだ半分くらいしか読んで(見て?)ないんですが、
なんというかもう・・・
メチャクチャ面白い。

のっけから
税務署との仁義なき戦い、
富士山登山、
ホステス体験記

身を賭して自らの体験を漫画にしています。

人ごとやから面白いんですけど、
僕にはでけへんなあ・・・
無理・・・絶対無理

やっぱ高知の女は
すげ・・・

ちなみに 小生の母親も
典型的な 高知の女性です。

あと 娘二人も 同上。

なお、奥さんは 県外出身で、
唯一 ほっ とします。はい。

さて・・・ 仕事します。
ロンドンからの受注処理中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧