コンサルタント

2013年1月13日 (日)

アイデア発想法 2013年1月13日

今日は(も?)引き籠もりの一日でした。

自宅でも一応、電話やメール、ウェブなどで外界とは接触しております。
午前中は母のフェイスブック作成やメルアド作成、午後はアイパッド講習、勉強、確定申告作業、ホテル予約などなど。
夜はデータ考察のあと再度確定申告作業です。
ホテル予約といえば、電話で予約する場合とネットで予約する場合では宿泊費用が異なるケースが大半です。
今日予約したところは、倍の違いがありました。多連泊なのでえらい違いが出てきます。
「アイデア発想法」
by ジェームズ・W・ヤング
1.課題に関する情報(資料、データ)収集
1)一次情報・・・マクロ情報・公的情報
2)二次情報・・・独自情報・独自データ
2.情報の整理と考察
1)グルーピング、KJ法
2)ロジカルシンキング、ラテラルシンキング、クリエイティブシンキング、水平思考、垂直思考
3.熟成(エイジング、発酵、孵化)
4.発想(ひらめき、方策立案)
5.実行、確認、PDCA
まあこんな感じじゃなかったですかねえ。
発想に大事なのは、1と2、特に2ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

マーケッティング戦略 2012年2月24日

本日は 終日企業コンサル。

疲れました。

さらに帰宅後、データ処理&考察。

************************************************

「マーケッティング戦略」

Resarch・・・いわゆる3C

STP・・・segmentation, targeting, positioning

4P・・・product, price, place, promotion

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

思考ツール 2012年2月23日

今日は自宅でデスクワーク。

電話応対、メール処理、データ処理、計算などなど。

夕方、ボクシングジムへ。

今日はわりと軽めに流しました。

ってか正道会館でローキックを受けて、かなり左太ももが痛いのです。dog

カットの仕方が下手。うん ヘタ・・・

*****************************************************

「思考ツール」

私がよく使うのはマインドマップです。

全体像の把握と、新発想が同時に行えるのが最大の特徴かと。

全体像把握は、ツリー、魚骨図、樹系図などもありますが、私の場合は発想が固定化されてしまいます。

あと、フロー図、プロセスチャートなども多用しています。

手書きした場合は、スキャンして画像ファイルでPCに取り込みます。

画像ファイルの加工は商売柄得意です。

縮小、合成、一覧などなど。

よく使うソフトは、花子、ペイントブラシ、エクセルなどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

問題点の発見の仕方

問題点を発見するためには、マインド

すなわち、

問題意識、当事者意識、危機意識

が必要だと申し上げましたが、

これは、いわゆる必要条件でありまして、

その上に十分条件として、スキルが要求されます。

っといっても、そんなに難しいもんじゃありません。

自分や会社にとって、困ったなというときが、問題点発見のチャンスです。

いきなりなんですが、

ローマ帝国の軍隊は、非常に組織だっており、強力でした。

指揮官は、勝った戦にはあまり関心が無く、

むしろ負けた戦にこそ、徹底的にこだわりました。

敗因分析から、自軍の弱点を見いだし、常勝ローマ軍を築き上げていったのです。

企業では、たとえば

・顧客からのクレーム

・重大な故障

・事故

・重大な不具合

などが、自社や自工程内のトラブルを見つける機会となります。

ことわざにも、

災いもって福となす

というのがありますが、

ゆでガエルな会社では、

暑さ寒さも彼岸まで・・・

じゃなかった、

のど元過ぎれば熱さ忘れる

臭いものに蓋

の場合が多いですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

The manager is the dynamic, life-giving element in every business.

The manager is the dynamic, life-giving element in every business.

Without his leadership the ‘resources of production’ remain resources and never become production.

マネージャーの仕事は、ダイナミックであり、あらゆるビジネスにおいて命を吹き込む役目をする。

マネージャーのリーダーシップなしでは、生産資源は資源のままであり、決して生産に供することは出来ないのだ。

Peter Drucker  from 「the practice of management」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

7S

PEST分析とSWOT分析は、外部環境分析ツールでしたが、7Sはマッキンゼーが普及させた内部環境分析の強力ツールです。

環境分析 > 内部環境分析 > 7S

7Sは、ソフトの4Sとハードの3Sから構成されます。

ソフトの4S
1.Shared value : 共通の価値観
2.Style : 経営スタイル
3.Stuff  : 人材
4.Skill : スキル・ノウハウ

ハードの3S
5.Strategy : 戦略
6.Structure : 組織構造
7.System : システム・仕組み

この7つのSは相互に関連し、中心にShared valueを据えます。

Cocolog_oekaki_2011_06_03_00_57

ソフトの4Sは、いずれも会社の実力そのものを問うことであり、

一朝一夕には構築することは出来ません。

ハードの3Sは、ソフトの4Sがあってこそ生かされるものです。

外部コンサルティングに作ってもらっても、絵に描いた餅です。

特に人材、スキル・ノウハウは、会社の財産ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

5F ( 5 Forces)

先々月、マクロ環境分析のツールとしてPEST分析についてカキコしました。

http://spiritualworld.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/pest-9e11.html

今回は、ミクロ環境分析の最有力ツール、5F (5 Forces)

企業の競争環境を構成する5つの力について少しカキコします。

5つの力とは、

1.既存している競合他社

2.新たに参入してくる参入企業

3.代替品の驚異

4.売り手(仕入れ先)の驚異

5.買い手(顧客先)の驚異

Cocolog_oekaki_2011_06_02_00_26

たとえば国内ノートPCメーカーをたとえにすると、

1.既存している競合他社

国内PCメーカー(東芝、ソニー、富士通、NEC、パナソニック・・・)

海外メーカー(DELL、HP、レノボ、MAC・・・)

2.新たに参入してくる参入企業

ASUS,Acer、Gateway

3.代替品の驚異

・タブレットPC

・携帯

4.売り手(仕入れ先)の驚異

マイクロソフト、インテル、その他デバイスメーカー

5.買い手(顧客先)の驚異

大手家電販売、PCショップ、価格ドットコム、直販

------------------------------------------------

1では、安価で性能の高いDELL、レノボ

3では、iPad、携帯各社のタブレット

4では業界全体をみてもマイクロソフトの独壇場です

国内PCメーカーは、ここ10年近くいろいろな力に囲まれてきており、

収益性は益々圧迫されてきています。

小生の個人的見解は、

1)顧客ターゲットを団塊の世代以上に絞る

2)携帯や地デジとのコラボ

などはいかがかと思いますが?

余談ですが、PCショップは益々運営が厳しくなります。

これも5Fで分析すると、いろいろ見えてくると思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

問題発見の4P

マーケッティングの4Pは有名なので知ってたんですが、問題発見の4Pは正直知りませんでした。。。

「Purpose」、「Position」、「Perspective」、「Period」

「Purpose」目的

「Position」立場

「Perspectie」空間

「Period」時間

問題点とは、あるべき姿と現実とのギャップです。

問題発見の4Pは、その問題点を更に見える化するためのツール。

「Purpose」目的

何のために。本来の目的は何か?

「Position」立場

誰のための問題なのか? 顧客、自己?

「Perspectie」空間

視野、領域、大局観

「Period」時間

時期、期間、過去、現在、未来

************************************************

「国家公務員」のあるべき姿と現実、そのギャップを4P分析すると、

問題点は出てきます?

「Purpose」目的 = 楽な人生を送るため。

「Position」立場 = 徹底的自己中心。

「Perspectie」空間 = 限られた閉鎖密閉空間、上から目線

「Period」時間 = 自分の生きている間だけ

とか・・・

問題点は、日本滅亡かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

PEST分析

PEST分析

PESTはそれぞれ以下の頭文字です。

P:Politics 政治
E:Economy 経済
S:Society 社会
T:Technology 技術

戦略立案のためには、分析が必要です。

PEST分析はマクロ環境分析の一部です。

環境分析 > 外部環境分析 > マクロ環境分析 > PEST分析

P:Politics
・法律(規制、緩和、税金、訴訟)
・助成金、補助金
・国際関係(外国、国連、経済協力、紛争、戦争)

E:Economy
・景気動向、失業、雇用
・金利、為替、国債、株
・貿易、関税

S:Scoiety
・自然災害、社会事件
・人口増減、人口分布
・文化、嗜好、価値観

T:Tecnology
・技術革新、IT
・企業、研究機関、大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

Osborn の 9 Check List

オズボーンの9チェックリスト

以前もご紹介したんですが、再度登場です。

土佐茶 で考えてみます。

1.Othe uses 転用 他の用途はないか?

入浴剤、芳香剤、除菌

2.Adopt  採用する まねが出来ないか?

凍結乾燥粉砕

3.Modify 変更する 今の特性を変更できないか?

4.Magnify 拡大する 長く、大きく、広くできないか?

観葉植物

5.Minify 縮小する 短く、小さく、狭くできないか?

ウルトラマイクロパウダー

6.Substitute 代用する 人、物、方法、装置などを代用できないか?

7.Rearrangement 再配列 順番を変えてみたら

濃縮、固化 

8.Reverse 逆にする 順序、因果、位置などを逆にしてみたら?

臨界抽出

9.Combine 結合する 用途、機能、プロセスなどを結合したら?

ミルク日本茶 スポーツドリンク、ダイエットドリンク

眠いので、続きは明日にしますsleepy

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧