« 「国際的な強い対応すべきだ」オバマ大統領が非難(19:38) | トップページ | キャスターストッパーを求めて放浪の旅 2009年4月7日 火曜日 »

2009年4月 7日 (火)

パニック症候群 2009年4月6日 月曜日

2005年の春、骨髄移植の際、カリニ肺炎を患った後、このパニック症候群になりました。

私の場合は、原因は明解で、4ヶ月に及ぶ薬漬けの日々で、精神に変調を来したわけであります。

ただ、私の場合パニック症候群といっても、普通とはかなり違う症状でした。
病院の精神科の先生も、はじめはなかなか分からなかったようで、うつ病の診断でした。

どこが変わっているかというと、
まず時間帯ですが、
夜中から明け方にかけて、発作が起こります。昼間は起こりません。

あと症状ですが、
なんと表現したらいいのか、
いわゆる
身の置き所がない
という感じです。

山本周五郎の小説の中に、まさにぴったりの表現がでてきます。
経験しないと書けないと思うんですけど、山本周五郎もパニック症候群になったことがあったんでしょうか?

私の場合は、薬としてはデパスがよく効きました。
1mgを寝る前と、あとは頓服服用でした。
発作が起こりそうになると、飲んでましたねえ。
デパス服用の前に、コンスタン、ユーロジン、リーゼなどを服用しましたが、全然効き目がありませんでした。ユーロジンなんかは、逆に症状が悪化しましたっけ。

デパス服用で、二ヶ月ほどで直りましたが、
体調が回復してきたことも大いに関係あると思います。

私の場合、移植は後半部分でカリニ肺炎にかかって、拷問に等しいくらいきつかったので、精神に変調を来したってことです。

バクタ一日12錠、ベナンバックス(ペンタミジン)点滴、ベナンバックス(ペンタミジン)吸引のフルコースで、もうヘロヘロでした。吐きまくり、手足の痙攣、薬剤による喘息などなど、いろいろありました。

いまでもデパスの名前を耳にすると、当時のことが懐かしく思い出されます。

|

« 「国際的な強い対応すべきだ」オバマ大統領が非難(19:38) | トップページ | キャスターストッパーを求めて放浪の旅 2009年4月7日 火曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パニック症候群 2009年4月6日 月曜日:

» うつ病 [うつ病]
うつ病について 誰でもいつでもなるかもしれない病気です うつ病は最近ではとても身近な病気となってきています [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 23時21分

« 「国際的な強い対応すべきだ」オバマ大統領が非難(19:38) | トップページ | キャスターストッパーを求めて放浪の旅 2009年4月7日 火曜日 »