« 2006年3月4日 土曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(白血病&骨髄移植闘病日記43days) »

2006年3月 5日 (日)

無菌室での舌のおていれ

無菌室入室当時は、白血球がほぼ0付近ですので免疫力がありません。口の中はどうしても菌が発生しがちです。舌も温床として最適らしく、こけが生えてきます。知らずに放置しておくと舌一面がこけで真っ白になります。そこであらかじめ歯磨きの度に歯ブラシで舌の表面を清掃するように指導されました。

ところが舌の中央より奥の部分を清掃しようとすると、どうしてもオエッ!ってなってしまいます。いい加減嘔吐しまくっているので、非常に敏感に反応してしまいます。嘔吐は体力の消耗にもつながります。また経口摂取していないときは1日1回の歯磨きなので、こけ対策には不十分です。

私の場合は非常に原始的な方法なんですけど、上の歯で掃除してました(爆)。ええと舌を思いっきりあっかんべーしてですね、次に上の歯を舌の表面に当てます。そのまま舌をゆっくり引っ込めると、清掃になるわけです(笑)。 おかげで?一度も舌にこけが生えなくてすみました。いちどおためしあれ・・・・・。

|

« 2006年3月4日 土曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(白血病&骨髄移植闘病日記43days) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無菌室での舌のおていれ:

« 2006年3月4日 土曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(白血病&骨髄移植闘病日記43days) »