« 2006年2月13日 月曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(骨髄移植闘病日記24days) »

2006年2月14日 (火)

嘔吐 傾向と対策

入院中通じて嘔吐には悩まされました。対策としてはアロマセラピィ、つぼ揉み療法、吐き気止め内服(プリンペラン)、吐き気止め点滴(複数種類投与されました)などがありますが、私の場合、いずれもあまり効き目がありませんでした。嘔吐で困るのは薬を飲んだ後です。1時間内に吐いてしまうと飲み直しになりますから・・・。私の場合、特に嘔吐の強い期間は栄養点滴のみで、食事はまったくとりませんでした(とれませんでしたって言い方が正解かなあ?)。食事をすると嘔吐の傾向も高まりますので、すこしは効果があったかなと思います。でも上述のようにいろいろ試したんですが、これといって有効な対策はありませんでした。唯一いえることは、吐きそうなときは吐くと幾分楽になります。無理に吐き気を我慢すると、よけいにつらかったようです。

|

« 2006年2月13日 月曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(骨髄移植闘病日記24days) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘔吐 傾向と対策:

« 2006年2月13日 月曜日 | トップページ | 去年の今日の記録(骨髄移植闘病日記24days) »